美白化粧品を使用しても美肌になれない理由

美白化粧品を使ってもなかなか肌が白くならない、とお悩みの方はいませんか。

そのようなお悩みもこれから説明する方法を知れば解決できます。そこで今回は美肌になる方法について説明していきます。美白化粧品を使用しても美肌になれない理由は、古い角質やメラニンが肌に溜まっているからです。

これらが溜まると肌表面が固くなり、化粧品が浸透していきません。いくら美白化粧品を使っても肌の土台が悪ければ全く意味がないのです。古い角質やメラニンが溜まってしまうのは、肌のターンオーバーが乱れているためです。肌のターンオーバーの乱れの要因は、乾燥や紫外線、ストレス、生活習慣の乱れなど様々に絡み合っています。ですから、まずは、肌によい食生活を心がけたり、睡眠時間を気をつけたりするなどして、生活習慣を整えること、紫外線や乾燥予防をすることなどが必要になります。自分でできることからすぐに始めていき、ターンオーバーを正常にしましょう。

次に、ピーリングジェルなどを使ってピーリングを行い、肌に溜まった古い角質やメラニンを剥がしていきます。ピーリングをすれば、肌のいらないものを掃除できるだけでなく、肌を柔らかくする効果も期待できます。とはいえ、ピーリングのしすぎには注意です。肌に負担がかかったり、逆にターンオーバーが乱れたりします。使用頻度は1週間から2週間に1度程度に抑えましょう。

また、酵素洗顔も古い角質やメラニンの除去におすすめです。酵素はタンパク質を分解する働きをします。角質はタンパク質でできているのです。ですから、酵素洗顔を使うと角質を分解してくれます。

普段から酵素洗顔を行えば、角質の溜まらない肌を保てます。古い角質やメラニンを取り除き、肌の状態が整ったら、美白化粧品を使用しましょう。美白になるためには、ただ美白化粧品を使うだけでは意味がないことを理解できたでしょうか。ターンオーバーを整えるために生活習慣に気をつけたり、角質やメラニンを除去するケアを行ったりして、健康な肌の土台作りから始めることが大事です。正しい知識を知り、ぜひ、美白を手に入れましょう。

洗顔をしすぎるのも毛穴の黒ずみの原因になる

毛穴の黒ずみに悩まされている人はたくさんいます。

黒ずみが生じる理由は様々ですが、ときには良かれと思って行っていることが逆に黒ずみを生じさせてしまうことがあります。

たとえば洗顔です。顔は皮脂という油分で覆われています。皮脂は顔を覆うバリアのような働きをしており、これがあるおかげで顔の肌の水分が蒸発せず、そこに留まることができます。しかし皮脂の量が多くなるとそれが汚れと混ざり合い、毛穴に詰まることがあります。これが毛穴の黒ずみとなるわけです。

そのため皮脂を顔からさっぱりと洗い流すことが黒ずみ防止になると考える人がいます。しかし先にも述べたように、皮脂は肌に潤い与える成分で、なくてはならないものです。

そのため洗顔を行って皮脂を完全に洗い流してしまうと、脳は肌を保湿するための皮脂を分泌するように命令を出します。しかし再び洗顔によって皮脂を洗い流してしまうと、脳は皮脂の分泌量が足りないものと判断します。その結果、皮脂をさらに多めに分泌するよう命令を出し、これが皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。

皮脂が過剰分泌されると当然のことながらそれが毛穴に詰まる確立も高くなり、毛穴の黒ずみがますます深刻化してしまうのです。このような状況を避けるためにできることは、ほどよい量の皮脂を常に残すことです。まず洗顔フォームや石鹸を使って頻繁に顔を洗うなら、皮脂の過剰分泌は確実に生じてしまいます。そのため洗浄成分を含んだもので顔を洗う回数を抑えるようにします。

中には汗をよくかく人や、脂性の人がおり、顔を洗う回数を減らすことに抵抗を感じるという人もおられます。このような人は顔を38度程度のぬるま湯で洗うことができます。洗浄成分を使用せずにぬるま湯で洗うだけでも、かなりの量の汚れを落とすことができます。はじめのうちは慣れないかもしれませんが、皮脂の過剰分泌を防ぐことで毛穴の黒ずみはかなりか改善されるはずです。