個人差の大きい皮膚炎、ニキビを治すおすすめの方法

ニキビは、早い人の場合小学生の時からできることもある皮膚病で、ホルモンの働きが活発になるのが原因で皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせ炎症になると考えられています。

通常思春期が終わり、ホルモンの分泌が安定してくる頃に症状が治まるのが一般的ですが、罹患する期間が長い方は、小学校から大人になるまで出続けるといった方もいるほど症状に個人差の大きい皮膚炎の一つです。

過剰に分泌される皮脂は、洗顔により取り除くことで、毛穴に詰まった汚れを取り去ることができるとされていますので、思春期にニキビができ始めたら、ニキビ肌用の洗顔料で一日何回か洗顔を行うのがおすすめです。ニキビ肌用の洗顔料は、一般的な洗顔料に比較して脱脂力に優れ、毛穴の汚れや皮脂を落としやすいのが特徴です。

ニキビもできる上の敏感肌やアレルギーといった症状もある方は、ニキビ肌用の化粧品は刺激になることもあるので、純せっけんで洗うと良いでしょう。

慢性化したニキビの治し方

大人になってからひどいニキビができ始める人がいますが、この症状は治りにくいニキビと言われており、身体の内側からのアプローチが有効と考えられています。

一般的に思春期のニキビに比較して皮脂の分泌が少なくなる大人のニキビは、肌が正しい周期で生まれ変わっていないせいで症状が出ていることがありますので、ピーリングと言われる、美容外科やエステティックサロンなどで行われる施術が有効なことがあります。

古い角質を薬剤を用いて落とすことで、肌が正常に生まれ変わる手助けになり、健やかな肌を保つことが期待できます。

漢方薬が有効なケースもあります。血液の流れを整えたり、胃腸を健康にすることでニキビが治ることもありますので、西洋医学で治らない方は試す価値があるといえます。

大人のニキビに有効なホルモン療法も人気です。