美肌を目指すならコットンの正しい使用方法をマスターしよう

化粧水は手とコットンのどちらでつけた方が効果的か?

化粧水をつける時に手でつける人とコットンでつける人とがいますが、コットンでつけることをお勧めします。手でつける利点はお金がかからず体温で温まるので有効成分を角質層まで届けることが出来る点です。ですが手は雑菌、汚れが付着しやすいので衛生面を気を付けなくてはいけません。

それに対して化粧水をコットンでつけた場合はムラなく細部まできちんとつけることが出来るのが魅力です。さらに手で化粧水をつけるのと比較して乾燥がしにくく、スキンケアの20分後の肌の潤いを比べてみるとコットンの方が1.3倍も潤いを維持することが出来るといったデーターがあります。またコットンだと手と異なり、体温が肌に伝わらないから毛穴を引き締めることが出来メイク崩れを防ぐことが出来ます。

さらに化粧水をつけた後にコットンパックをするとより効果的と言えますが、間違った使用方法、コットンの質が悪いと肌にダメージを与えてしまうことがあるので正しいコットンの使用方法を知っておいて下さい。

正しいコットンの使用方法

まず化粧水をコットンの含ませる時はコットンを持ち指に沿って縦に含ませるようにして下さい。コットンの乾いた所が肌に触れるとそれが刺激となってしまうので、肌に当たるコットンにはしっかりと化粧水を含ませることが大切です。

そしてコットンを使用する際のポイントは擦らない、叩かない、力を入れ過ぎないことです。また頬、おでこといった広いパーツに化粧水をつける時には中指と薬指の2本指に乗せることで圧力が減り優しくパッティングをすることが出来ます。逆に目元、小鼻といった細かいパーツは中指1本でパッティングして下さい。

コットンを選ぶ時のポイントは繊維が細かい肌ざわりがいいモノ、滑らかなモノを選んで下さい。あと肌触りが良くても毛羽立ちやすいコットンは止めた方がいいと言えます。肌にコットンの繊維が付着してしまうと美容液、乳液をつける時に肌を傷めます。それと化粧水をコットンに残さないできちんと肌に届けるコットンがお勧めです。化粧水を沢山使用せずとも肌が潤うのでいいコットンを使った方が化粧水が少なくて済みコストの面でもお得と言えます。

美白化粧品を使用しても美肌になれない理由

美白化粧品を使ってもなかなか肌が白くならない、とお悩みの方はいませんか。

そのようなお悩みもこれから説明する方法を知れば解決できます。そこで今回は美肌になる方法について説明していきます。美白化粧品を使用しても美肌になれない理由は、古い角質やメラニンが肌に溜まっているからです。

これらが溜まると肌表面が固くなり、化粧品が浸透していきません。いくら美白化粧品を使っても肌の土台が悪ければ全く意味がないのです。古い角質やメラニンが溜まってしまうのは、肌のターンオーバーが乱れているためです。肌のターンオーバーの乱れの要因は、乾燥や紫外線、ストレス、生活習慣の乱れなど様々に絡み合っています。ですから、まずは、肌によい食生活を心がけたり、睡眠時間を気をつけたりするなどして、生活習慣を整えること、紫外線や乾燥予防をすることなどが必要になります。自分でできることからすぐに始めていき、ターンオーバーを正常にしましょう。

次に、ピーリングジェルなどを使ってピーリングを行い、肌に溜まった古い角質やメラニンを剥がしていきます。ピーリングをすれば、肌のいらないものを掃除できるだけでなく、肌を柔らかくする効果も期待できます。とはいえ、ピーリングのしすぎには注意です。肌に負担がかかったり、逆にターンオーバーが乱れたりします。使用頻度は1週間から2週間に1度程度に抑えましょう。

また、酵素洗顔も古い角質やメラニンの除去におすすめです。酵素はタンパク質を分解する働きをします。角質はタンパク質でできているのです。ですから、酵素洗顔を使うと角質を分解してくれます。

普段から酵素洗顔を行えば、角質の溜まらない肌を保てます。古い角質やメラニンを取り除き、肌の状態が整ったら、美白化粧品を使用しましょう。美白になるためには、ただ美白化粧品を使うだけでは意味がないことを理解できたでしょうか。ターンオーバーを整えるために生活習慣に気をつけたり、角質やメラニンを除去するケアを行ったりして、健康な肌の土台作りから始めることが大事です。正しい知識を知り、ぜひ、美白を手に入れましょう。

えのきと納豆で太っていた分の体重を落とすことに成功

私は昨年の夏、久しぶりに遊んだ友達に太った体型を指摘されました。

実際1年ほどの間に仕事のストレスを言い訳に暴飲暴食を続けていた私は痩せていた時期に比べて約10キロほど太っており、着られなくなった服などもたくさんありました。そこで目が覚めた私は食生活を変えることで、半年間で太っていた分の体重を落とすことに成功しました。

今回はその時私が実践した健康的な食生活を簡単に説明します。食前にサラダを食べるとコレステロールが下がり、満腹感があがるためダイエット効果があるという話を聞いたことがある方も多いと思います。これはダイエットに適した食生活を始めるための第一歩だと思いますが、私は独自に調べた2品の食材をサラダと同じく食事に取り入れることでより痩せやすい体質を作ることに成功しました。それは納豆とえのきです。

納豆とえのきには脂肪の吸収を分解する働きがあり、食前に食べることでサラダにも勝るとも劣らない効果を発揮します。私は元々納豆が大好きだったため、毎食の炭水化物の量を減らし、その分サラダとプラスして納豆を食前に必ず食べるように習慣付けました。

納豆はキムチなどの発酵食品を一緒に食べるとよりその効果があがるので、キムチと納豆を和えて食べた日もありました。しかし納豆は癖がある食材のため苦手な方も多いかもしれません。

そんな時におすすめなのがえのきです。えのきは鍋でしか食べたことがないという方も多いかもしれませんが

えのきにも脂肪の分解を促進する効果があり、ダイエット食材として最近注目されてきています。えのきは癖が少ないため様々な料理に合わせられますし、調理も簡単なため食前に取り入れることも簡単です。おすすめは食べやすいサイズに切ったえのきを電子レンジでチンして。

お酢とお醤油とごま油で和えたえのきの簡単ナムルです。味もさっぱりしてますし作り置きもできるため、ダイエットメニューとして常備していました。

このように自分の取り入れやすいダイエット食材を食事に取り入れ、炭水化物や脂質などを少しずつ減らしていけば身体は痩せやすい健康な体質に変わっていきます。私はこの食生活を継続しながら、無理のない運動やストレッチを続けることで太った分の体重を元に戻しました。もちろん痩せた後も今後の健康のためにこの食生活は継続してます。

元気な肌でいるための顔のしわ撃退法

顔のしわで人の印象はがらりと変わります。

特におでこの横線、目尻にできるしわ、ほうれい線などは、老け顔に見える原因のトップですよね。
そういったしわは一度付いてしまうと、もう若かった頃のように引き伸ばすのは困難だと言われています。しわの主な原因は筋肉の衰えによる皮膚の弛み。重力に抗えず、下方向に筋肉や皮膚がずり下がっていくことで生まれます。

顔は毎日人目に触れます。顔の印象によって人付き合いは大きく変わるもの。だからこそ、いつも若々しく元気な肌でいたいですよね。
そこで、顔のしわ撃退法を紹介します。

まず一つ目はほっかほかの蒸しタオルを使う方法。

蒸しタオルを作ったことがないという人でも、電子レンジを使えば簡単。適度に水分を含ませたフェイスタオルを600wの電子レンジで加熱すること約40秒。ほっかほかの蒸しタオルの完成です。

蒸しタオルって気持ちいいんですよね。顔表面に覆いかぶせて5分程(目安はタオルの熱が冷めるくらいの時間)放置します。顔の皮膚が弛む原因の一つが、皮脂の重みだと言われています。蒸しタオルで皮膚表面を蒸せば、余分な皮脂を落とし、尚且つ保湿効果も期待でき、そして血行をよくするという一石三鳥の効果が得られるんです。

次は簡単なエクササイズ。

顔のしわの原因が筋肉の衰えならば、鍛えて重力に負けない筋肉を手に入れれば良いのです。

両頬に手を添えて、重力に逆らう要領で上に持ち上げましょう。テレビを見ながらでも簡単。3分ワンセットを一日3回を目安にして続けてみるといいです。
もう一つ。それは三点倒立です。耳を疑うかもしれませんが、これが効果的。

本格的に三点倒立を行う必要はありません。要は頭のてっぺんを地面に付けて、血を頭部に行き渡らせるようにすればいいわけです。ベッドの上など安全を確保できる場所を選び、壁に背中をくっつけたまま倒立するのがおすすめです。

長時間やる必要はまったくありません。せいぜい1~2分といったところでしょうか。血行促進効果はもちろん、弛んだ顔の筋肉がすべて上に持ち上がった感覚を得られます。

人間の顔はコミュニケーションの窓口です。しわを撃退して、いつまでも若々しい表情を保ってください!

グルコシルルチンは肌の弾力を蘇らせ、しわやたるみを改善

グルコシルルチンとはルチンにブドウ糖を結合させ、水溶性としたものです。

そもそもルチンとはポリフェノールの一種で、蕎麦に多く含まれていることで有名です。オレンジやグレープフルーツなど柑橘類の果皮、桑の実やクランベリーなどベリー類の実にも含まれています。ルチンは抗酸化作用や血圧・血糖値を下げる効果があり、高血圧改善や糖尿病予防が期待できます。

またビタミンCの働きを助ける効果もあり、美白効果も期待でき、コラーゲン合成も促進してくれます。

しかしルチンには一つ欠点があります。それは水に溶けにくいということです。

よく、そば湯にはルチンが溶けているため体のためにそば湯も飲むべきと言われますが、天然のルチンに関しては難水溶性のためそば湯にルチンはほとんど含まれていないのです。この水に溶けにくい性質のため、用途は限られています。そこでルチンにブドウ糖を配合し、化粧水や飲料などに使える状態のものを作ったのです。
グルコシルルチンの効果・効能には以下のようなものがあります。

まず、抗酸化作用で皮膚の細胞を保護してくれます。私たちの皮膚は紫外線を浴びることで発生した活性酸素により、ハリがなくなったり、シミやしわになったりします。この活性酸素を取り除いてくれるのが抗酸化作用です。また、グルコシルルチンは紫外線を吸収する特徴もあり、皮膚の深い部分まで働きかけ、コラーゲンを守ってくれます。このため肌を美しく保つのに効果的で、多くの美肌化粧品に含まれています。

グルコシルルチンが含まれる美肌化粧品を塗布すると肌の弾力を蘇らせ、しわやたるみを改善してくれる効果があります。このアンチエイジング効果で若々しい肌を作ることができるのです。またこの成分には美白効果もあり、シミやそばかすを防いでくれます。透明感のある白い肌を保つのに役立つという訳です。

そしてグルコシルルチンは前述した通りビタミンCを助けるはたらきをするので自身の美肌効果とビタミンCの美肌効果とが合わさって肌の酸化をより強力にブロックしてくれるのです。さらにビタミンCは皮脂の分泌や水分バランスをコントロールしてくれるのでニキビ予防にも効果を発揮します。このため年齢や美白が気になる方だけでなく、ニキビ・吹き出物にお悩みの方にもおすすめなのです。

また、サプリメントから摂るのも美肌には有効です。前述したように肌に透明感や若々しさをもたらすだけでなく、より魅力的に見せてくれる効果が期待できるのです。グルコシルルチンは血管を強くし、血行を良くするはたらきもあります。体の隅々、毛細血管までグングン血液が循環することにより、血色の良い健康的な肌になるのです。ただ透明感があるだけでなく、健康的な魅力を演出してくれるなんて素晴らしいですよね。

アンチエイジング、美白、ニキビ予防などその機能は枚挙にいとまがなく、今すぐ取り入れたい成分だということがお分かりいただけたでしょうか。ぜひ上手に取り入れて、魅力的な肌を作っていきましょうね。

サツマイモには女性を美しくするための栄養素が豊富に含まれている

サツマイモは秋の食べ物なのですが、最近では秋でなくても食べられるようになりました。

炭水化物で太りそうというイメージやカロリーが高そうだと感じる人もいるかもしれません。しかし、この食材には女性を美しくするための栄養素が豊富に含まれているということです。そこで女性に嬉しい健康効果や美肌効果、ダイエット効果などについて知っておくと良いでしょう。

日本のサツマイモは鹿児島や茨城で作られたものが多いとされており、秋頃から市場に多く出回るようになります。この食材にはカリウムやカルシウム、食物繊維、βカロチン、ビタミンC、ビタミンEなどといった栄養素が豊富に含まれています。

カリウムには体内で増えすぎた塩分を体外に排出するという働きがあり、むくみで悩んでいる人にもおすすめです。また、カリウムは体内のナトリウムバランスを保つために欠かせない栄養素となっており、脳卒中の予防や血圧上昇の予防などに役立ちます。また、カルシウムには歯や骨を丈夫にするという効果があり、骨粗鬆症を予防する効果や肩こりの予防効果が期待できます。カルシウムが不足すると精神状態が不安定になってしまうため、イライラしやすい人もこの食材を食べてみると良いでしょう。

この食材は野菜の中でもかなり食物繊維が多く、便秘解消に高い効果を発揮してくれます。便秘によって腸の働きが弱くなってしまうこともありますが、食物繊維を摂取することで腸内環境の改善にも繋がります。便秘を解消することで肌が綺麗になりますし、体臭を減らすという効果も期待できます。

βカロチンはかぼちゃやニンジンに含まれていることで知られていますが、この栄養素はサツマイモにも多く含まれています。βカロチンは体内に入るとビタミンAに変化して肌荒れや乾燥を予防してくれますし、メラニン色素の働きを抑制するという効果もあるため、しみで悩んでいる人にもおすすめです。体内のビタミンCが不足すると体に悪影響が出てしまうとされています。

サプリメントを摂取している人もいるかもしれませんが、サツマイモにも豊富なビタミンCが含まれており、食べることで肌の老化を防ぐことができるのです。メラニン色素の働きも抑制することでしみやそばかす対策にも有効ですし、炎症を抑える働きがあるのでニキビの予防にも役立つでしょう。

ビタミンEには高い抗酸化作用があり、肌の老化を抑えて白い肌に導いてくれる効果が期待できます。この食材にはビタミンCもビタミンEも多く含まれており、定期的に食べることで綺麗な肌をキープすることができるでしょう。しみの改善に効果的なサツマイモを上手に取り入れたいという場合、レタスと一緒にサラダにするのがおすすめのレシピです。

サツマイモは美容の宝庫とも言える食材であり、同じくビタミンCやミネラルを豊富に含んだレタスと一緒に食べることにより、効率よくしみの予防や改善ができるでしょう。サラダにするとカロリーも低くなるため、ダイエット中の人でも安心です。

化粧水を塗る意味は実はそんなにありません

化粧水を塗っているのに乾燥が治らない。そんな事で悩んでいませんか?化粧水=保湿という考えは捨てましょう。

化粧水を塗る意味は実はそんなにありません。大事な事はセラミド配合の美容液を塗る事です。ここではセラミドについて解説します。

セラミドがたくさんある肌は乾燥しない

化粧水を使用しているにも関わらずに乾燥が気になるという人は、セラミド配合の美容液を使ってみましょう。セラミドは角質細胞間脂質の一種です。セラミドがなくなると肌の水分量はおよそ80%もなくなります。肌の保湿のために最も貢献している成分なのです。セラミドは水に溶ける事はないですが、水と結合してラメラ構造と言われるサンドイッチ状の構造をつくります。

このラメラ構造に組み込まれた水は湿度が0%になったとしても蒸発しません。したがって肌の中に十分なセラミドがあるならば、真冬でも肌は乾燥したりはしません。

セラミドを美容液で補う

セラミドはターンオーバーとともに作られます。ですからターンオーバーが低下するとセラミドも減少します。睡眠不足などで新陳代謝が低下するとセミラドも減っていきます。さらに年齢を重ねる事で肌の代謝が衰えていく事でも、セラミドは減少します。セラミドはコレストロールのようなものからつくられますが、コレストロールを食事から摂取してもセラミドは増えません。

またセラミドを飲んでも増やす事はできません。ターンオーバーを高めない事にはセラミドを増やすことはできないのです。そこでお勧めしたいのが簡単にセラミドを補う事が出来るセラミド配合の美容液を使用する事です。だけど既にセラミド配合の美容液を使用しているのに乾燥しているという人はセラミドの配合量が少ないか油分不足かもしれません。特に40代からは水分だけでなくて油分も不足しますのでセラミド配合の美容液の上から、クリームなどを重ねると良いでしょう。乾燥に悩んでいる人はセラミドがカギになります。セラミド配合の美容液を使用してみましょう。

様々な野菜のスプラウトは美容と健康にとっても良い

最近注目されている様々な野菜のスプラウトは、美容と健康にとっても良いとされています。

野菜の新芽をスプラウトと呼びますので、色々な野菜のスプラウトがありますが、みなさんが良く知っているものと言えば、カイワレ大根やもやしではないかと思います。

カイワレ大根の見た目に似ているもので、ブロッコリースプラウトなどもあります。もやしは日常的に食べる事が多いですしスプラウトというイメージもあまりないかもしれません。もやしと同じように食べやすいスプラウトとして豆苗があります。

スプラウトは、ビタミンとミネラルをしっかり摂取できる野菜なので、毎日の食事でサラダに加えたり炒め物に加えたり色々な調理法で摂取するのがおすすめです。

ビタミンCやベータカロテンが豊富に含まれていますし、抗酸化作用や解毒作用に優れた成分などが豊富に含まれていますので、紫外線が気になる夏には美肌対策としても積極的に食べたい野菜です。

豆苗はスプラウトの中でも香りが良く色々な調理方法で楽しむことができます。豆苗は、エンドウの新芽です。

加熱するとお豆の良い香りがします。炒めて食べても、和え物にしても、サラダでもどんな調理方法にも合いますし、子供さんも食べやすいスプラウトです。豆苗のレシピを検索すると非常に沢山紹介されています。

豆苗は1度購入して根元の部分を少し残して使うことで、もう一度芽が生えてきて、2回くらい栽培して食べる事ができるので、そういった部分でも人気となっています。ものすごく成長するのでそれを見るのも楽しみになる野菜です。

豆苗に特に多いとされている栄養素は、ビタミンCにベータカロテンに食物繊維です。どれも積極的に摂取したい栄養素なので、サプリメントで摂取するのも良いですが、スプラウトをたっぷり食べればしっかり補うことができます。

まだまだ色々なスプラウトが出てくると思いますので、毎日いろいろなスプラウトを食べて健康に役立てましょう。

洗顔をしすぎるのも毛穴の黒ずみの原因になる

毛穴の黒ずみに悩まされている人はたくさんいます。

黒ずみが生じる理由は様々ですが、ときには良かれと思って行っていることが逆に黒ずみを生じさせてしまうことがあります。

たとえば洗顔です。顔は皮脂という油分で覆われています。皮脂は顔を覆うバリアのような働きをしており、これがあるおかげで顔の肌の水分が蒸発せず、そこに留まることができます。しかし皮脂の量が多くなるとそれが汚れと混ざり合い、毛穴に詰まることがあります。これが毛穴の黒ずみとなるわけです。

そのため皮脂を顔からさっぱりと洗い流すことが黒ずみ防止になると考える人がいます。しかし先にも述べたように、皮脂は肌に潤い与える成分で、なくてはならないものです。

そのため洗顔を行って皮脂を完全に洗い流してしまうと、脳は肌を保湿するための皮脂を分泌するように命令を出します。しかし再び洗顔によって皮脂を洗い流してしまうと、脳は皮脂の分泌量が足りないものと判断します。その結果、皮脂をさらに多めに分泌するよう命令を出し、これが皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。

皮脂が過剰分泌されると当然のことながらそれが毛穴に詰まる確立も高くなり、毛穴の黒ずみがますます深刻化してしまうのです。このような状況を避けるためにできることは、ほどよい量の皮脂を常に残すことです。まず洗顔フォームや石鹸を使って頻繁に顔を洗うなら、皮脂の過剰分泌は確実に生じてしまいます。そのため洗浄成分を含んだもので顔を洗う回数を抑えるようにします。

中には汗をよくかく人や、脂性の人がおり、顔を洗う回数を減らすことに抵抗を感じるという人もおられます。このような人は顔を38度程度のぬるま湯で洗うことができます。洗浄成分を使用せずにぬるま湯で洗うだけでも、かなりの量の汚れを落とすことができます。はじめのうちは慣れないかもしれませんが、皮脂の過剰分泌を防ぐことで毛穴の黒ずみはかなりか改善されるはずです。

個人差の大きい皮膚炎、ニキビを治すおすすめの方法

ニキビは、早い人の場合小学生の時からできることもある皮膚病で、ホルモンの働きが活発になるのが原因で皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせ炎症になると考えられています。

通常思春期が終わり、ホルモンの分泌が安定してくる頃に症状が治まるのが一般的ですが、罹患する期間が長い方は、小学校から大人になるまで出続けるといった方もいるほど症状に個人差の大きい皮膚炎の一つです。

過剰に分泌される皮脂は、洗顔により取り除くことで、毛穴に詰まった汚れを取り去ることができるとされていますので、思春期にニキビができ始めたら、ニキビ肌用の洗顔料で一日何回か洗顔を行うのがおすすめです。ニキビ肌用の洗顔料は、一般的な洗顔料に比較して脱脂力に優れ、毛穴の汚れや皮脂を落としやすいのが特徴です。

ニキビもできる上の敏感肌やアレルギーといった症状もある方は、ニキビ肌用の化粧品は刺激になることもあるので、純せっけんで洗うと良いでしょう。

慢性化したニキビの治し方

大人になってからひどいニキビができ始める人がいますが、この症状は治りにくいニキビと言われており、身体の内側からのアプローチが有効と考えられています。

一般的に思春期のニキビに比較して皮脂の分泌が少なくなる大人のニキビは、肌が正しい周期で生まれ変わっていないせいで症状が出ていることがありますので、ピーリングと言われる、美容外科やエステティックサロンなどで行われる施術が有効なことがあります。

古い角質を薬剤を用いて落とすことで、肌が正常に生まれ変わる手助けになり、健やかな肌を保つことが期待できます。

漢方薬が有効なケースもあります。血液の流れを整えたり、胃腸を健康にすることでニキビが治ることもありますので、西洋医学で治らない方は試す価値があるといえます。

大人のニキビに有効なホルモン療法も人気です。