ニキビ跡に使いたい美容液の選び方、大切なこと

気を付けていてもついできてしまうのがニキビ跡ではないでしょうか。ニキビが治ったと思ったら、ぽつんと跡が残ってしまった…、ショックですよね。そんなニキビ跡を治すには美容液を使ってケアすることが可能です。ニキビ跡に使いたい美容液の選び方について、調べてみました。

美白成分が含まれているものを選ぶ

まず、当然のことですが、ニキビ跡を治すためには美白成分が入っているものを選ぶことが大切です。美白成分には、ハイドロキノン、トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタなどがありますが、これらがきちんと配合されているものを選ぶようにしましょう。
美容成分が含まれているアイテムであれば、「医薬部外品」との表示があるはずですので、これを目安にするのもおすすめです。

保湿効果の高いものを選ぶ

美白成分と同じくらい大切なのが保湿成分です。お肌が乾燥している人は、肌の保護機能が低下しているのでちょっとの刺激にも弱い肌になっています。そのため、ニキビが再発することもありますし、そもそもお肌のターンオーバーがスムーズに行われません。
保湿成分としてよく使われているものは、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、プラセンタなどがあります。

肌に低刺激性のものを選ぶ

ニキビ跡が残ってしまったお肌はとても敏感になっています。そこへ刺激の強い成分を使用して、ニキビ跡が悪化してしまうようでは、本末転倒ですよね。ニキビ跡用美容液を選ぶときにはお肌にやさしいタイプのものを選ぶことも大切です。低刺激性となっているものや無添加のものを選ぶようにしてみてください。

継続して使うことが大切

ニキビ跡用美容液の選び方について、紹介しました。
どんなに優れたアイテムも正しい使い方をしなくては効果が現れないものです。特にニキビ跡を消すためには、効果のある美容液を長期的に使うことが大切です。毎日丁寧なスキンケアを行うことで、より速く効果を実感できるはずです。あきらめず、スキンケアを続けていきましょう。