美肌を目指すならコットンの正しい使用方法をマスターしよう

化粧水は手とコットンのどちらでつけた方が効果的か?

化粧水をつける時に手でつける人とコットンでつける人とがいますが、コットンでつけることをお勧めします。手でつける利点はお金がかからず体温で温まるので有効成分を角質層まで届けることが出来る点です。ですが手は雑菌、汚れが付着しやすいので衛生面を気を付けなくてはいけません。

それに対して化粧水をコットンでつけた場合はムラなく細部まできちんとつけることが出来るのが魅力です。さらに手で化粧水をつけるのと比較して乾燥がしにくく、スキンケアの20分後の肌の潤いを比べてみるとコットンの方が1.3倍も潤いを維持することが出来るといったデーターがあります。またコットンだと手と異なり、体温が肌に伝わらないから毛穴を引き締めることが出来メイク崩れを防ぐことが出来ます。

さらに化粧水をつけた後にコットンパックをするとより効果的と言えますが、間違った使用方法、コットンの質が悪いと肌にダメージを与えてしまうことがあるので正しいコットンの使用方法を知っておいて下さい。

正しいコットンの使用方法

まず化粧水をコットンの含ませる時はコットンを持ち指に沿って縦に含ませるようにして下さい。コットンの乾いた所が肌に触れるとそれが刺激となってしまうので、肌に当たるコットンにはしっかりと化粧水を含ませることが大切です。

そしてコットンを使用する際のポイントは擦らない、叩かない、力を入れ過ぎないことです。また頬、おでこといった広いパーツに化粧水をつける時には中指と薬指の2本指に乗せることで圧力が減り優しくパッティングをすることが出来ます。逆に目元、小鼻といった細かいパーツは中指1本でパッティングして下さい。

コットンを選ぶ時のポイントは繊維が細かい肌ざわりがいいモノ、滑らかなモノを選んで下さい。あと肌触りが良くても毛羽立ちやすいコットンは止めた方がいいと言えます。肌にコットンの繊維が付着してしまうと美容液、乳液をつける時に肌を傷めます。それと化粧水をコットンに残さないできちんと肌に届けるコットンがお勧めです。化粧水を沢山使用せずとも肌が潤うのでいいコットンを使った方が化粧水が少なくて済みコストの面でもお得と言えます。