化粧水を塗る意味は実はそんなにありません

化粧水を塗っているのに乾燥が治らない。そんな事で悩んでいませんか?化粧水=保湿という考えは捨てましょう。

化粧水を塗る意味は実はそんなにありません。大事な事はセラミド配合の美容液を塗る事です。ここではセラミドについて解説します。

セラミドがたくさんある肌は乾燥しない

化粧水を使用しているにも関わらずに乾燥が気になるという人は、セラミド配合の美容液を使ってみましょう。セラミドは角質細胞間脂質の一種です。セラミドがなくなると肌の水分量はおよそ80%もなくなります。肌の保湿のために最も貢献している成分なのです。セラミドは水に溶ける事はないですが、水と結合してラメラ構造と言われるサンドイッチ状の構造をつくります。

このラメラ構造に組み込まれた水は湿度が0%になったとしても蒸発しません。したがって肌の中に十分なセラミドがあるならば、真冬でも肌は乾燥したりはしません。

セラミドを美容液で補う

セラミドはターンオーバーとともに作られます。ですからターンオーバーが低下するとセラミドも減少します。睡眠不足などで新陳代謝が低下するとセミラドも減っていきます。さらに年齢を重ねる事で肌の代謝が衰えていく事でも、セラミドは減少します。セラミドはコレストロールのようなものからつくられますが、コレストロールを食事から摂取してもセラミドは増えません。

またセラミドを飲んでも増やす事はできません。ターンオーバーを高めない事にはセラミドを増やすことはできないのです。そこでお勧めしたいのが簡単にセラミドを補う事が出来るセラミド配合の美容液を使用する事です。だけど既にセラミド配合の美容液を使用しているのに乾燥しているという人はセラミドの配合量が少ないか油分不足かもしれません。特に40代からは水分だけでなくて油分も不足しますのでセラミド配合の美容液の上から、クリームなどを重ねると良いでしょう。乾燥に悩んでいる人はセラミドがカギになります。セラミド配合の美容液を使用してみましょう。