化粧水を塗る意味は実はそんなにありません

化粧水を塗っているのに乾燥が治らない。そんな事で悩んでいませんか?化粧水=保湿という考えは捨てましょう。

化粧水を塗る意味は実はそんなにありません。大事な事はセラミド配合の美容液を塗る事です。ここではセラミドについて解説します。

セラミドがたくさんある肌は乾燥しない

化粧水を使用しているにも関わらずに乾燥が気になるという人は、セラミド配合の美容液を使ってみましょう。セラミドは角質細胞間脂質の一種です。セラミドがなくなると肌の水分量はおよそ80%もなくなります。肌の保湿のために最も貢献している成分なのです。セラミドは水に溶ける事はないですが、水と結合してラメラ構造と言われるサンドイッチ状の構造をつくります。

このラメラ構造に組み込まれた水は湿度が0%になったとしても蒸発しません。したがって肌の中に十分なセラミドがあるならば、真冬でも肌は乾燥したりはしません。

セラミドを美容液で補う

セラミドはターンオーバーとともに作られます。ですからターンオーバーが低下するとセラミドも減少します。睡眠不足などで新陳代謝が低下するとセミラドも減っていきます。さらに年齢を重ねる事で肌の代謝が衰えていく事でも、セラミドは減少します。セラミドはコレストロールのようなものからつくられますが、コレストロールを食事から摂取してもセラミドは増えません。

またセラミドを飲んでも増やす事はできません。ターンオーバーを高めない事にはセラミドを増やすことはできないのです。そこでお勧めしたいのが簡単にセラミドを補う事が出来るセラミド配合の美容液を使用する事です。だけど既にセラミド配合の美容液を使用しているのに乾燥しているという人はセラミドの配合量が少ないか油分不足かもしれません。特に40代からは水分だけでなくて油分も不足しますのでセラミド配合の美容液の上から、クリームなどを重ねると良いでしょう。乾燥に悩んでいる人はセラミドがカギになります。セラミド配合の美容液を使用してみましょう。

様々な野菜のスプラウトは美容と健康にとっても良い

最近注目されている様々な野菜のスプラウトは、美容と健康にとっても良いとされています。

野菜の新芽をスプラウトと呼びますので、色々な野菜のスプラウトがありますが、みなさんが良く知っているものと言えば、カイワレ大根やもやしではないかと思います。

カイワレ大根の見た目に似ているもので、ブロッコリースプラウトなどもあります。もやしは日常的に食べる事が多いですしスプラウトというイメージもあまりないかもしれません。もやしと同じように食べやすいスプラウトとして豆苗があります。

スプラウトは、ビタミンとミネラルをしっかり摂取できる野菜なので、毎日の食事でサラダに加えたり炒め物に加えたり色々な調理法で摂取するのがおすすめです。

ビタミンCやベータカロテンが豊富に含まれていますし、抗酸化作用や解毒作用に優れた成分などが豊富に含まれていますので、紫外線が気になる夏には美肌対策としても積極的に食べたい野菜です。

豆苗はスプラウトの中でも香りが良く色々な調理方法で楽しむことができます。豆苗は、エンドウの新芽です。

加熱するとお豆の良い香りがします。炒めて食べても、和え物にしても、サラダでもどんな調理方法にも合いますし、子供さんも食べやすいスプラウトです。豆苗のレシピを検索すると非常に沢山紹介されています。

豆苗は1度購入して根元の部分を少し残して使うことで、もう一度芽が生えてきて、2回くらい栽培して食べる事ができるので、そういった部分でも人気となっています。ものすごく成長するのでそれを見るのも楽しみになる野菜です。

豆苗に特に多いとされている栄養素は、ビタミンCにベータカロテンに食物繊維です。どれも積極的に摂取したい栄養素なので、サプリメントで摂取するのも良いですが、スプラウトをたっぷり食べればしっかり補うことができます。

まだまだ色々なスプラウトが出てくると思いますので、毎日いろいろなスプラウトを食べて健康に役立てましょう。