洗顔をしすぎるのも毛穴の黒ずみの原因になる

毛穴の黒ずみに悩まされている人はたくさんいます。

黒ずみが生じる理由は様々ですが、ときには良かれと思って行っていることが逆に黒ずみを生じさせてしまうことがあります。

たとえば洗顔です。顔は皮脂という油分で覆われています。皮脂は顔を覆うバリアのような働きをしており、これがあるおかげで顔の肌の水分が蒸発せず、そこに留まることができます。しかし皮脂の量が多くなるとそれが汚れと混ざり合い、毛穴に詰まることがあります。これが毛穴の黒ずみとなるわけです。

そのため皮脂を顔からさっぱりと洗い流すことが黒ずみ防止になると考える人がいます。しかし先にも述べたように、皮脂は肌に潤い与える成分で、なくてはならないものです。

そのため洗顔を行って皮脂を完全に洗い流してしまうと、脳は肌を保湿するための皮脂を分泌するように命令を出します。しかし再び洗顔によって皮脂を洗い流してしまうと、脳は皮脂の分泌量が足りないものと判断します。その結果、皮脂をさらに多めに分泌するよう命令を出し、これが皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。

皮脂が過剰分泌されると当然のことながらそれが毛穴に詰まる確立も高くなり、毛穴の黒ずみがますます深刻化してしまうのです。このような状況を避けるためにできることは、ほどよい量の皮脂を常に残すことです。まず洗顔フォームや石鹸を使って頻繁に顔を洗うなら、皮脂の過剰分泌は確実に生じてしまいます。そのため洗浄成分を含んだもので顔を洗う回数を抑えるようにします。

中には汗をよくかく人や、脂性の人がおり、顔を洗う回数を減らすことに抵抗を感じるという人もおられます。このような人は顔を38度程度のぬるま湯で洗うことができます。洗浄成分を使用せずにぬるま湯で洗うだけでも、かなりの量の汚れを落とすことができます。はじめのうちは慣れないかもしれませんが、皮脂の過剰分泌を防ぐことで毛穴の黒ずみはかなりか改善されるはずです。